CLA事前に考えるけど "いつも通り"2015/09/14 12:59

7月にLabVIEW認定設計者(CLA)試験に合格しました。 CLAの実技試験で時間配分が重要で、特にアーキテクチャ開発を早く終わらせると、実装に十分時間をかけられます。

そこで、事前に使用するアーキテクチャを決めて、テンプレートとなるVIを短時間で作成できるよう、練習しました。

では、どのようなアーキテクチャが良いのでしょうか?

NIが公開しているサンプル問題を参考にすると、 日本版ではエレベータの問題があります。 http://www.ni.com/gate/gb/GB_INFOCLAEXMPRP/JA

一方英語版にはエレベータの問題に加えてATMの問題があります。 http://www.ni.com/gate/gb/GB_INFOCLAEXMPRP/US

エレベータの問題の解答は、ステートマシンを用い、モジュール間のコマンドにはキューを使っています。比較的シンプルな方法です。

ATMの問題は解答は、イベントを用いた生産者消費者を用い、モジュール間のコマンドにはキューを使い、さらに停止のためにユーザーイベントを使っています。こちらは、より複雑で拡張性のある方法だと思います。

NIのコミュニティでは、LVOOP(オブジェクト指向)を使ったとの書込みもみられますが、かなり慣れていないと時間切れになると思います。

選択した方法は、ATMの例に近いのですが、APIを作る部分は省略しました。 結局は自分が慣れている方法を使う方が良い!という単純な結論です。

どのパターンが良いか迷っている方は、シンプルなエレベータの例を参考にするのが良いと思います。作業量が一番少ないですから。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syoujyou.asablo.jp/blog/2015/09/14/7792113/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。