再認定ポイントプログラムへ参加してみました。2015/10/19 17:57

CLAや、CLD、CLADといったLabVIEW認定試験は数年で再認定が必要です。

通常は再認定用試験を受けます。

この再認定をポイントで行うのが、再認定ポイントプログラムです。

講習やイベントへの参加を連絡するとポイントが付き、50ポイント貯まると認定されます。

再認定試験を受けなくてもポイントを貯めれば認定を更新できるのです。 詳細の説明も少なく、受付もNI本社のメールアドレスだけなので敷居が高いです。

私は認定外部講師でLabVIEWの講習で教えているので、ポイントがためやすいメリットを生かし、ポイントプログラムに参加しようと思い立ちました。

メールで下記の様な内容を送りました。

I want to begin recertification by Points Program for CLA.
I teached LabVIEW Core 1 Tokyo in 2015/8/x-x.
Please count points.

二週間ほどして返信が有りました。

We have added your 5 points for teaching LabVIEW Core 1 on 2015/8/x-x.
Thank you for your participation in the National Instruments 
Recertification by Points Program!

無事にポイントが付いたようです。

認定講師でないと50ポイントを集めるのは、なかなか大変です。

簡単にポイントがもらえる項目としては、

  • NIDaysへの参加 10ポイント
  • 講習への参加  5~10ポイント

CLAならば4年更新なので、NIDayを4回と、講習などで10ポイント得れば良いですが、

CLDは3年更新なので、NIDayが3回、講習で20ポイントとらないと足りません。

さらに、CLADは2年更新ですから、ちょっと厳しいですね。

他にもポイントが付く項目として、

  • 認定試験問題の開発 3~30ポイント

試験問題は英語で作成するのでしょうから、難しいですかね、

  • 1人のCLD、CLA認定者へのメンタリング 30ポイント
  • 3人のCLAD認定者へのメンタリング 30ポイント

メンタリング? おそらくサポートした人が認定試験に合格すればOKなのだと思います。

これはポイントが高い!(しかし、CLAD1人で10ポイントにしてほしいです。)

ほかにも項目が有るのですが、ちょっと敷居が高そうです。

詳しくは下記を参照してください。

再認定ポイントプログラムftp