強度グラフのマーカー色自動設定2011/04/15 15:00

二次元のデータを色の変化で表現する強度グラフですが、色の仕手に一手間かかります。
特に、表示したい値が大きく変化すると、すぐに画面全体が一つの色だけになってしまいます。
これは、色の指定をするマーカーの位置が、自動的に変化してくれないためです。
そこで、マーカーの位置を値の範囲に応じて自動調整するVIを作りました。


"IntGraphRefIn"に強度グラフのリファレンスを接続します。
"DataIn"に強度グラフに表示するデータを接続します。
"MarkerColors"にマーカーに使う色のリストを接続します。値が大きい範囲に対応する色から並べます。
実行すると波形グラフのマーカーが自動的に設定されます。

サンプルは会社のサイトに掲載しましたので下記をご覧ください。

強度グラフのマーカー色自動設定

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syoujyou.asablo.jp/blog/2011/04/15/5806386/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。