VIのフォルダパスを調べる2011/02/16 15:00


VIの保存先のパスを調べる時に、"現在のVIパス"で調べる方法がありますが、
実行形式のEXEファイルにするとパスが変わってしまう場合があります。

例えば "c:\Test\Main.vi" の中で "c:\Test\Sub.vi" が使われている場合。
Subの中で、"現在のVIパス"は "c:\Test\Sub.vi"を出します。
ここで、Mainを実行形式にすると、"c:\Test\Main.vi\Sub.vi" となります。
実行形式にする場合には変更が必要になります。
そこで、今回はそのVIが保存されているフォルダを調べるサブVIを作成しました。


このサブVIを使えば、VIの状態でも、EXEでも、そのVIが保存されているフォルダのパスを返します。

サンプルは会社のサイトに掲載しましたので下記をご覧ください。

VIのフォルダパスを調べる

コメント

_ 金井 ― 2014/02/17 11:54

いつも参考にさせて頂いております。
ただ、正規表現の最後に「$」があった方がより良い気がします。
それでも、パス途中の「xxx.exe」のような捻くれたフォルダ名が存在すると失敗しそうですが。

_ 金井 ― 2014/02/17 13:42

LabVIEWのサイトに以下のやり方が載ってました。
http://digital.ni.com/public.nsf/allkb/5860ECC5C9391607862573E0002F7661

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syoujyou.asablo.jp/blog/2011/02/16/5684588/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。