VIを動的に実行2011/05/27 11:15

サブVIを利用する場合、そのVIをブロックダイアグラムに貼り付けて呼び出す方法が基本です。
使用するメモリーの節約などを考慮して、VIを動的に呼び出す場合があります。
動的に呼び出す方法には、手順が有るため、少々手間がかかります。
そこで、今回は、VIを動的に実行するサブVIを作成しました。


"VIパス"に実行するVIのファイルパスを入力します。
"終了まで待機"にVIが実行を完了するまで待機するかどうかを指定します。
"ウィンドウの状態"にフロントパネルのウィンドウを開いた状態を設定します。
実行して、スマイルマークのボタンを押すとゲームスタートです。
実行すると指定したVIが実行されます。


オプションの"終了まで待機"をFalseで実行すると、通常のサブVIではできない動きが可能です。
実行した後で、呼び出した方のVIを終了しても、呼び出されたVIはそのまま動き続けます。
動的な実行を使うと、呼び出されるまでは、メモーを消費しないため、メモリーの節約になります。

サンプルは会社のサイトに掲載しましたので下記をご覧ください。

VIを動的に実行

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syoujyou.asablo.jp/blog/2011/05/27/5882516/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。