一次元配列を編集する2011/04/08 15:00


フロントパネルの一次元配列をボタンの操作で編集するサンプルVIを作りました。
配列の順番の変更、データの削除、挿入の処理をボタンのクリックで行えます。


配列の左側に、操作対象を選択する丸ボタンの選択ボタンがあります。
この選択ボタンで対象とするデータを選びます。
"Delete"を押すと、対象のデータを削除します。
"Up"を押すと、対象のデータを一つ上に移動します。
"Down"を押すと、対象のデータを一つ下に移動します。
"Insert"を押すと、対象のデータの上に新しいデータを挿入します。

サンプルは会社のサイトに掲載しましたので下記をご覧ください。

一次元配列を編集する

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syoujyou.asablo.jp/blog/2011/04/08/5783637/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。